MeaneのPhon音

ARTICLE PAGE

in ***無***

ADHDとアスペルガー

-0 COMMENT
実は最近ある一冊の本を紹介してもらい読んでます



ADHDとアスペルガー症候群について書かれたものなんですが、







樹冶を心配していつも力になってくれる方からのオススメ本だったので

読んでいると、樹冶アスペルガー症候群の要素もあるのかなぁ~~と思うほど。



例えば、

『テレビばっかり見てないの』

とよくお母さん達は叱ります。

親側は子を心配しての注意や促しで言った言葉も

アスペルガーの子達には

【怒られた】【否定された】【嫌われた】

ということしか心に残らず、



結果。傷が深くなるし、自信を失っていくそうです。



『コナンが終わったらテレビ消そうね』



なんとなくわかりますよね、後者の方がとても素直に『わかった』という

という言葉と子供がニッコリ笑う顔が目に浮かびます。



コミュニケーションという面では大人の私達にもとても勉強になることが沢山書かれています、

人間は言葉でほとんどのコミュニケーションをはかりますが、

大人でも言葉が足りなかったりすると誤解が生まれトラブルが生じる時も多々あります。

思っていることを分かりやすく伝える。

というのが大切なんですよね(^^)





『○○しちゃダメ』を『△△しようね』



『うるさい』を『静かにしようね』





結果的には同じことを相手に要求するのですが

後者の方がとてもすんなり気持ちよく受け入れられますよね。。。

(このようなことは子育ての本にも書いてあった記憶があります)



つまり、このような言葉の使い方はアスペルガーの子に限らず、万人に通用することなんでしょうね。





例えば三者面談で先生に子供が注意され、母が謝る。

普通は母が謝ってくれ申し訳ないと思うところなんですが。。。

アスペルガーの子供は母は先生と同じ思いで自分を見てると思い、母に裏切られたような心境になってしまう。



嫌いなこと興味がないことには見向きもしないのに

好きなコトはトコトン全力で頑張るというのも特徴らしいのですが

しかも完璧にやりたいという気持ちでいっぱいなんですって。

でも全て器用にこなすことができなかったりすると、不安がドンドン膨らんで

邪魔になる物全てに対してパニックを起こすこともあるそうです。

ただのワガママと取られがちな所ですが。

こんなこと1つもアスペルガーの特徴らしいです。



予定が把握できていないことに、とても不安を感じてしまう。



などなど。。。

この本には実際あったことが、たくさん書かれているんですが、

こんなにも辛い思いをしている子供達が居るのかと思うと

ほんと何だか切なくなってしまいます。。。

まだまだ小さな心で、自分は嫌われているんだ。自分をわかってくれる人は誰もいない。

そんな風に思っているとしたら。。。

どんなに辛いことでしょう。



子供の頃に受けた心の傷は、その子の将来をも左右してしまうでしょう。



現代ではクラスに2~3人は居ると言われている、ADHD。

全員が検査をしたらもっと増えるだろうと言われてるんですって。。。



そのような子を持つ母親達が、

トラブルの度謝ったり、子供にどう対処していいかわからなかったり、

一人責任を感じ、しまいには将来を心配するあまり、

母親の方が病院に通わなければいけなくなってしまう家庭もたくさんあるそうです。





幸い私は樹冶を部活に入れたことで、

他の保護者の方達とも接する機会が増え、

全ての方達とはいきませんが、

4月のトラブルがきっかけとなり、以前よりも理解して、力になってくれる保護者の方達が増えました。

自分の子のように、樹冶を気にかけてくれる方もいるんです。

誰にも相談できずにいた頃は、

【なんで私だけ。。。】と悲観的に感じ、人に会うことが嫌になるほど落ちる日もあれば

樹冶を守る為には私が精神的にもっと強くならなきゃ、しっかりしなきゃ、頑張らなくっちゃ

と、とても気を張って自分を追いつめていたように思います。





今では、誰にも相談できずにいた頃よりも、気持ちも楽ですし、頑張れます。

理解してくれる人がいるということがこんなにもありがたく安心することなのかと。。

大人の私ですら感じるんですから。。。

子供たちにとって【理解してくれる】ということは精神的にも大きな支えになるでしょう。





昔は個性として受け止められていたことも

現代は変わり者として見られて、病名までついてしまっています。



病名がつくことで支援も受けれたりすることができるのでしょうが、

ADHD、LD、アスペルガー本を読めば読むほど

接し方に差はなく、区切りの境界線を引くのは難しいなと感じました。



この子達への対応の仕方が上手にできる人は

コミュニケーション上手でもあり、人とかかわる中で

ほんとは一番大切なことなんじゃないかなぁ。。。







スポンサーサイト



  • Share

0 Comments

Leave a comment