MeaneのPhon音

ARTICLE PAGE

in ***無***

言い訳

-0 COMMENT
ずっと更新さぼっていました。。。(/Д\)

実は、7/15から樹冶が部活に復帰しまして毎日ドタバタでした~~~



思えばあの、4月の出来事から3ヶ月半。。。

ホント精神的にも長かったですね。。。





たくさんの人達に力になってもらいました





復帰に向け、やはり話し合いは不可欠でして。。。。

先生方はじめ、保護者役員の方達にはたくさん歩み寄って頂きました。

昨年度の保護者の方達までが力を貸して下さった事にはホント有り難い限りです。。。

この場を借りてホント感謝ですm(_ _)m



親の私ですら復帰することを考えただけで、

あの4月の話し合いの時がよみがえり、気持ちがズシンと重く。。。

ものすごい拒否反応が出てしまうんです。。





ただでさえ過敏な樹冶は精神的に耐えられるのかスゴく心配でした。。。





でも、戻るのは樹冶本人ですから。。。

戻るのか戻らないのか樹冶の気持ちの最終確認を6月にしたんです。。。



私 『ねぇ~樹冶。。6月になったし樹冶は部活戻る気あるの?』

樹冶『ん~~~樹冶が戻るとオカァ大変でしょ。。。』



私 『ん~~オカァが。とかではなくて樹冶はどうしたいの?』

樹冶『。。。戻りたいよ。。。でもオカァがまた嫌な思いをするなら樹冶戻らないよ。。』



と。。。。よ~~く話を聞くと。

樹冶。自分が戻ってくる事を望んでいない人もいるということも

保護者会で自分が、なんと言われていたかも、全て知っていたんですね。。。。



子供達の情報。大人の会話。周囲の態度。

色んな事を自分なりに組み立てて、全て知っていたんです。

びっくりしましたね。。。

この子はこの数ヶ月一体どんな思いをしていたんでしょう。。。

それでも【戻りたい】【またK先生やみんなと演奏したい】というんです。



私 『じゃあ~樹冶が戻る事を全ての人が喜んでる訳じゃない事を知ってても樹冶は戻りたいのね』

樹冶『うん。大丈夫。そんなの今始まった事じゃないし。。』



この10歳つえぇ~~~~なぁ~~~~



例え独ぼっちでも戻りたいって言うんです。。。

K先生が待っててくれるからって言うんです。。。



子供って一人が嫌じゃないですか。。

○○ちゃんが一緒じゃなきゃ嫌~~とか。

○○ちゃん達が冷たいから辞める~~~とかね。。。



樹冶には樹冶の目的と部活に対する思いがきちんとある事に私、、心を動かされました。



それに引き換え、過ぎた事をいつまでも引きずっている、小さい事をいつまでも気にしている私。





ちっちぇ~~~っなぁ~~~母







また樹冶に1つ大事な事を教えられましたね。。



確かに、樹冶がはじめて

『樹冶部活が好きだから学校行くのが楽しみなんだ!』

と言ったことも。。。

クラスでとても耐えられない精神状態でも、早退したら部活が行けなくなると思って

ただただ我慢して学校に通い続けていた事も。。。

樹冶があんなに真剣に何かに打ち込む姿を初めて見せてくれたのも。。。

樹冶の誕生日を家族以外で祝ってもらったのも。。。

樹冶が初めて認めてもらった場も。。。

全て、金管部だったんですよね。



その樹冶の気持ちに、

昨年度の保護者の方達、役員の方達が協力体制をとってくれたんです。

樹冶一人のために先生も何度も時間を割いてくれました。

そんな皆さんの気持ちとてもありがたかったです。。。

反対、不安に思っている保護者の方達にも再度説明を私に代わってしてくれたんです。



そして何よりも嬉しかったのが子供達です

樹冶の復帰が確定した翌日、いつものように樹冶を迎えに5年校舎に行くと

パラパラ6年生の女の子達が集まって来て(14~5人居たかな。。)

『樹冶君戻ってくるの決まったんだよね!!』

とよって来てくれたんです。

そして樹冶が少しでもスムーズに気持ちよく戻れるようにと

みんな廊下ですれ違うたび手を振ったり、声をかけてくれてたんです。。

(最近成長して来た樹冶は、照れてメッチャ無愛想に返すらしいのですが。。。)



樹冶が体育を終えて教室に戻ってくると。。。

私と、6年生集団がお出迎え~~~

圧倒され、樹冶無言素通り。。。





その樹冶に6年生の子達が口々に

『樹冶君!戻ってくるの待ってるよ!!』

『早く戻っておいでね!』

『楽しみに待ってるよ!』

と。。。みんな声をかけてくれたんです



もう。。。私、嬉しくて嬉しくて

子供ってホントスゴいですよね

素直さも、柔軟性も、あったかさも。

大人って余計なプライドや意地に絡まってこういう気持ち忘れて行くじゃないですか。。。



子供だからこそできるコト。。。



そんな場面に触れると、なんだかとっても心が洗われる感じです





その場をまたまた照れて無愛想に交わした樹冶。。

周囲に人がいなくなると一言。。。

『オカァ~~ありがたいね樹冶頑張るよ。』

ですって(^^)

なんだかかわい~~じゃん樹冶。
スポンサーサイト



  • Share

0 Comments

Leave a comment