MeaneのPhon音

ARTICLE PAGE

in スポンサー広告

スポンサーサイト

-- COMMENT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Share
in ***無***

5年経ちました。

-0 COMMENT


色々バタバタして更新が遅れましたが。。。





1月30日 母が亡くなって5年が経ちました。。。





早いです。。。ホント。





さすがに5年という月日ですから、実家へ足を運んでくれる人も減って行く中





店のスタッフは有難い事に毎年忘れずに来てくれます。





母と私の知らぬ間にメル友だった二人ですからね~(^ ^)





とはいえ、近しい身内でも足が遠のく中





有難い限りです





そしてこんな深い思いを持ってくれてるスタッフと





一緒に仕事ができていること幸せに思います











この5年を振り返ると本当に色々な事がありました。





母さえ生きていてくれたら。。。





と思う事は何度もありました。





おそらく、飯田家みんな母の無償の愛に甘えて、あてにして





そして、それを当たり前のことのように、生きてきた部分があるでしょう。。。





母が頑張ってくれていた分、





母の思いやりが深かった分、





残された私たちにはその穴埋めや不便さ、寂しさが試練となり、





結果。母の有り難み、母の偉大さを痛感するわけです。





この5年は各自が強く進化せざる得ない5年だったように思います。





例えば





母の料理に『うまい!』と一度も言った事の無い父。





好き嫌いが多い父に合わせて飯田家のカレーはじゃがいも、人参全て小煮物並み





俺なんか美味くても美味い!なんて言えるわけないし

黙って食べてれば美味いってことだ!





なんて豪語していた父でしたが





ゴテゴテのじゃがいもが入ったカレーは





じゃがいもを小さく割りながら食べているんです(^m^)





おっかぁは俺の好みに合わせて料理してくれていたからな~~

おっかぁはホント料理上手だったよな~~~

おっかぁは自分が嫌いな物でも俺の為にちゃんと料理してくれてたよな~~





などなど。





母は生きている時に聞きたかっただろうな。。。という言葉を最近よく言います。





きっと母が生きていたら





満面の笑みで喜びつつも『な~に言ってるの~っ』なんて言うでしょう。





そんな父は毎日毎日懺悔の気持ちを込め仏壇のお世話をしているようです。





母が頑張って私たちへ与えてくれていたコト





当たり前にあったコト





今、目の前に無いからこそ有難く感じ





母への感謝の気持ちに変えて、





こうやって思い出話に浸りながら年を重ねて行かなければ。。。





個性が強い飯田家。





空気のような母がうまく私たちの間のクッションになってくれていたわけで





母が亡くなってバラバラになるのは当たり前で。。。





そのクッションを誰かに求めたり





誰かのせいにするのではなく





各自がクッションを作るように歩み寄って努力していくことの大切さを感じます







ともばぁ~どぉ?そう思わない?

















スポンサーサイト
  • Share

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。